ブログ 昔だより 本の匂ひ 麗しの洋館 もらえるところ 手紙
 
home > 本の匂ひ > みすけん!
 

 
 
着物でつながるスローな京の恋模様。
 
 オヤジに恋する女子達の苦甘い恋愛コミック「オヤジズムシリーズ」として発刊された1冊。オヤジスキー♡な私にとってはたまらんジャンルですよ、まったく。
 京都を舞台に、代々茶道教授を務める大島家の跡取り娘・千鳥と、老舗呉服屋の若旦那・紬 が、ゆるりと繰り広げる粋な恋が描かれる本書。ふたりの出会いは茶会。留学先のアメリカから急に呼び戻され、慣れない着物に苦しむ千鳥の帯を手早く直してくれるのが、おっさんの紬だ。千鳥は着物が苦手。「着て気分悪なる服てそんなんありえんやろ」
高瀬川女船歌
「あまつそらなる」
著者 もりひのと
発行 実業之日本社
ISBN 978-4-408-43476-6
 「お太鼓ってなんやのあれ意味不明」などと悪態吐いていた彼女が、紬と再会したことで少しずつ考えを改めていくのと比例して、嫌味なおっさんに惹かれていく様子が面白い。京女らしくないまっすぐな千鳥と、めっちゃ京男(笑)な紬のペースのズレや、彼の嫌味な物言いも見どころだ。
 他所者が描いていい場所じゃないと言ったのに担当さんに押し切られた作者曰く、「ファンタジー京都」 な物語。
<< 本の匂ひ一覧へもどる
 
 
 

当HP、ブログにおけるすべての画像の無断使用、複製、転載はご遠慮ください。
Copyright 2013 Kotorikai web. All Rights Reserved.