ブログ 昔だより 本の匂ひ 麗しの洋館 もらえるところ 手紙
 
home > 本の匂ひ > ありがとう、さようなら
 

 
 
学校とは感謝と別れに満ちている。
 
 小説家でありながら、京都の中学校で勤務していた著者が日々の気づきを綴った随筆集。これらのエッセイは2003年9月号〜07年4月号まで「ダ・ヴィンチ」に連載されたもの。当時雑誌で読んでいた私は、まさか自分が高校で国語を教えることになるなんて思いもよらず。改めて読み返して「学校」の面白さにニヤリ。
 駅伝に修学旅行、卒業式といった行事はもちろん、「瀬尾せんせ」として経験する毎日の感動が丁寧に掬い取られている。百点取ったら結婚してください!とプロポーズされたり、給食の鯖が苦手だったり、生徒会長と喧嘩したり。
ありがとう、さようなら
「ありがとう、さようなら 」
著者 瀬尾 まいこ
発行 メディアファクトリー
ISBN 978-4840135726
  生徒たちの成長を見守るというよりは、クラスの一員として一緒に成長していく著者の奮闘ぶりが微笑ましい。
 教え子だけでなく、同僚や保護者など身近なところに読者が多数いる中(陸上競技大会で他校の生徒に「ファンです」と握手を求められたことも)、教頭先生には「おみゃあが出している学級通信と区別つかんわや」と言われたとか(笑)……その学級通信、瀬尾ファンからしたら垂涎 モノ!
<< 本の匂ひ一覧へもどる
 
 
 

当HP、ブログにおけるすべての画像の無断使用、複製、転載はご遠慮ください。
Copyright 2013 Kotorikai web. All Rights Reserved.